企業に倫理を職場に心を/宮城県倫理法人会

HOME > 委員会紹介 > 普及拡大委員会

委員会紹介

普及拡大委員会


委員長:千葉 幸嗣
 

1)活動方針
●「ゆるぎない3000社体制の構築」に向けての下記の項目を推進する。    
「いいこと」をあくまでお伝えすること(普及)であり、自然に会員の輪が広がることを目指す。
@2018年度(H30)普及目標を 2800社とする。            
A全単会 100社 以上を維持する。                 
・地域の企業数、特性に合わせて目標設定することを推進する。    
B新設単会(仮称)仙台長町を早期に準倫理法人会として開設し、
 年内にも正倫理法人会として設立、今期120社を目指す。            
C新設単会(仮称)あさひなを準倫理法人会として開設し、70社を目指す。
D普及拡充(かくじゅう)の活動が過(か)苦渋(くじゅう)にならないように活動する。  
EMSの出席率が普及拡大の原点と捉え役員の出席を推進する。

2)具体的活動項目
@単会毎に会員様の棚卸しを実施する。                
1)会費未納の絶無に向け、所属会員様に対し未納回避の説明を実施する。
2)会費の集金会員様に対し、口座振替への切替えを依頼する。  
A単会毎に普及目標数は 7月4日までに達成する。           
・中間目標は12月25日までに達成し、年度目標数に対する進捗率95%を目指す。
Bプランニングセミナーを開催する。  10/20金 於:茂庭荘    
・各単会三役、普及拡大委員会役員等の参加により、年度計画を策定する。
なお、参加者による懇親会を開催する。                
C普及拡大会議を開催する。                     
1)全体会議を年1回、プランニングセミナーに併せ開催する。10/20金
2)地区毎に普及拡大会議を開催する。
(県北、沿岸: 3/6火、仙台、県南: 3/13火 )
※普及拡大会議の内容は、単会毎に役員会にて情報の発信と共有を図る。 
DMS出席率UPが普及拡充の原点であり、MS委員会と連携して増員に努め、
 会員様の定着率、紹介率、入会率の向上を図る。              
・歴代会長、普及拡大役員を始めとして各単会役員のMSへの全員参加を推進のうえ、新会員様が安心して来場し心のよりどころになるよう紹介者、単会役員が中心となり会員様とのコミュニケーションを図る。         
E単会毎に新会員オリエンテーションをタイムリーに開催する。      
1)開催要領を作成する。(研修委員会との連携による)         
2)定期的に開催する。(例、12月、2月、4月、7月)         
F 単会開催の「経営者の集い」、「イブニングセミナー」等の開催は、前年より回数を増やし、 ゲストを誘引する機会を増大する。            
G新単会設立を宮城県全体で支援する。(各単会毎に新単会への紹介数目標の設定)









一覧に戻る
■宮城県倫理法人会事務局
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-2-20
KDX仙台ビル5階
TEL (022)222-7910
FAX (022)222-1527